タグ ‘ C#

Protraderってなんだ!?

Protrader_logo

最近、巷を賑わせている!?Protraderについて軽く紹介してみようと思います。

 

開発会社はPFSOFTという2003年に創業されたウクライナに本社がある企業です。
(グローバル展開しているので世界中に支社があるっぽいよ)

 

FXや株、先物などの複数のアセットクラスに対応したトレーディングプラットフォームです。
デスクトップ版に加え、モバイルやWEBにも対応しています。

 

主要機能としては、マルチアセット対応、リクイディティアグリゲーション、アルゴスタジオ、インベスティングなどが特徴的です。

 

私がひそかに注目しているのはリクイディティアグリゲーションの機能で、この機能は他にはなかなかない流動性を見える形で提供しているので、OTCのFXの不透明感が拭えない方には非常におすすめだと思います。

大口の発注を行うプレイヤーに対しても、流動性が見えるというのは発注する際に非常に心強いものとなります。

Market_Depth
画像はC4CEXCHANGEです。

 

そしてシステムトレーダーにはおすすめのアルゴスタジオです。

C#MT4,MT5でお馴染みのMQLでストラテジーを作成できます。
MQLが利用できるということは今までMetaTraderで使っていたEAなどをそのまま利用できる!
(※互換が完全かどうかはわからないので、各自試してみてくださいね)
これはとても大きいアドバンテージではないでしょうか^^
公開されているEAなども流用できる可能性が高いので、プログラミングが苦手な方でも移行がスムーズかもしれませんね

次に、MQLはちょっとというあなたにはC#が使えるので一般的なプログラミング言語でもストラテジーを開発することが出来ます!
実際、私もMQLはあまりわからないのですがC#ならある程度使えるのですぐにストラテジーを開発することが出来ました。

作ったストラテジーをすぐバックテスト出来る機能もいい。

back_tester

 

こんな感じでざっくり説明してみましたが興味がある方はとりあえずデモアカウントを取って遊んでみるといいですよー

 

追記:
海外FX口座開設


まずは環境を準備しよう(2)

 

さっそくRubyやMySQLを利用するにあたって軽く触ってみて感じたのは、

Windowsで開発するのじゃやりづらいなーと感じたことです。

 

今までExcelやRなどを利用して解析を行なっていたので、正直人生でWindows以外のOSを使ったことがありません^^;

しかし、せっかく色々なことに挑戦して見ているので、今回はLinuxもやってみようと思います。

 

Linux…

普通のPCユーザーでは聞いたことがあるか、またはナニソレ状態かもしれません。

Linuxの詳細については割愛しますが、WindowsやMacOSとは異なるOSだと思っていて下さい。

システムトレードをやりたいのに、なんか色々面倒くさいなと思われるかも知れませんが、私自身、株式のシステムトレードが現時点で出来るかまだ未確定なので、

ついでにWebサービスも作れるようになれるといいなーという裏の目的もあります。

ということで今回はこのような環境にしてみました。

 

しかし、Windowsでやりたいという方の為にC#ベースのシステムも進めて行く予定なのでそちらの流れを追って行って下さい^^

 


まずは環境を準備しよう

 

システムトレードを行おうと思っても、まずは解析をしなくては始まりません。

解析の準備としては、データが必須となります。

データの取得先は様々あるので慣れて来たら独自のデータソースを持てるようになるといいと思います。

私はまだ初心者なのでまずYahooファイナンスのデータを中心に解析を行なっていこうと思っています。

並行して、オープンな解析環境として

  • Ruby
  • MySQL

を中心に準備していく予定。 あと必要に応じて

  • R
  • C#
  • Excel

の学習も出来るといいかなと思っています。

ただ私自身、RubyもMySQLも初めてなので色々な失敗を追体験して効率的に進めて行って下さい^^

 


return top